最近のトラックバック

« 1日2回 | トップページ | Gold Rush! »

クモの巣の展覧会

昨日の雨が上がって、今朝は町中が霧につつまれましたが、子どもたちが家をでるころには霧がきえ、青空がのぞきはじめました。
子どもたちの後について学校まで歩いて行く途中、家の垣根や柵、植木にかかっている大きなクモの巣が、お日様に照らされ、レース模様がくっきりと見えて、とてもきれいでした。特に見事だったのが、歩道橋から学校へ向かう道路の上の、電線と電線の間に、数え切れないほど並ぶクモの巣。それぞれが思い思いの形をして、学校までつらなっていました。まるで、クモの巣の展覧会を観るようで、思わず子どもたちと足を止め、見入ってしまいました。
子どもたちはそれぞれ感嘆の声をあげ、いつもはちょっと怖い分団長さんが、低学年の子に「ほら」と指差して教えてあげたりしています。「夜のうちにこんなに張ったのかなあ。それとも、いつも、張っていたのに気がつかなかっただけかなあ」といっている子もいて、わたしも、うんうんとうなづきました。

クモの巣は、この季節にとくに目立つような気がします。冬眠のため、子作りのために栄養を蓄えているんじゃないかと、勝手に解釈しているのですが……。

クモの本といえば、今年の夏、『くものニイド』(いとうひろし作 ポプラ社)が出ました。

クモの巣作り名人、くものニイドのつくる巣は、カブトムシといった大きな昆虫だけでなく、ジェット機や空飛ぶ円盤だって捕まえることができるほど。でも、そのニイドの巣にゴミを放り込んでいく不届き者がいる。風だ。そこでニイドは……。

夢がぐんぐん広がるお話です。でも、季節が夏なのが残念でなりません。わたしにとって、クモは秋なのです。

わたしが、クモの巣が秋に目立つと気づいたのは、『シャーロットのおくりもの』(E.B.ホワイト作 さくまゆみこ訳 あすなろ書房)を読んでから、クモの巣を注意して見るようになったからかもしれません。この物語でシャーロットが美しいクモの巣を張るのは、夏だったでしょうか?(手元に本がないので確認できませんが) 

昨年は、今森光彦さんの写真絵本『クモ(やあ!出会えたね)』(アリス館)に、魅せられました。クモの巣を実際に作らせるところがあって、わたしもやってみたいと思ったものです。でも、息子は意外とクールで、この絵本にあまり興味を示してくれませんで(反抗期なのか、ほんとうに興味がないのか)。
その頃、わたしはダイニングの電灯にクモを飼って(つまり張っていたクモの巣をそのままにしていた)観察していました。不注意で何度かクモの巣を破ってしまったのですが、早朝、クモは修繕するとわかったり、なかなか面白かったです。

クモの絵本といえば、もうひとつル=グウィンの絵本『いちばん美しいクモの巣』(みすず書房)を思い出します。こちらは、すっかり内容を忘れてしまっています。今一度読み返してみたいです。

« 1日2回 | トップページ | Gold Rush! »

絵本+つぶやき」カテゴリの記事

コメント

クモの巣の展覧会を観ながら登校するなんて、素敵ですね。
今の時代、ゲームや携帯のおかげで、何もしていない時間を探す方が難しいけれど・・・やっぱり、立ち止まって、空を見上げたり、クモの巣の展覧会を観ることは大切ですよね。
「いちばん美しいクモの巣」ブログで見つけて読んで、すごく感動しました。あの本を読んでから、お家の中のクモくんたちに寛大になったんですよ。少しだけれど(笑)

水滴の付いたクモの巣って本当にきれいですよね。そらこさんは、お子さんと一緒に投稿されているのですね。素敵な通学路!

ところで「きゃああああああああクモだ!」(リディア・モンクス:作)も、楽しいですよ。そしてクモの巣が本当にキラキラ輝いているの。カバーのクモの巣はキラキラで浮き出ていて素敵なのです。でも表紙は灰色にくすんでいてそんなにきれいじゃない。それでカバーをぎりぎりの所まで切って図書館の本みたいにシートをかぶせて作り直しました。お気に入りです。

こももさん

前ばかり見ずに、ゆっくりと周りを観察しながら丁寧に生きていきたいと思うこのごろです。『西の魔女が死んだ』の影響も大きいかな。

先週には、完璧な虹が見えたし、近所の子どもたちには、自然の芸術に感動する出来事が続いています。

『いちばん美しいクモの巣』
あした図書館に行くのでできたらかりてこようっと。

あそびっこさん

『きゃああああああああクモだ!』は、読み聞かせ仲間が読むのを聞きました。楽しかったです。カバーのクモの巣は、わからなかったです。図書館の本だとカバーがとってあるからかな?

朝は、小学校のスクールサポーターのボランティアとして歩いています。登校の見守りですね。たくさんの子どもたちのいろいろな姿を見る楽しみと、ウォーキングをかねています。そして、昨日のような、子どもたちとともに感動できる特典つきです。

クモ・・・わたしも今日、下の娘とちょうど観察していたところです。巣はほんとうに芸術ですね。
なんとうちの中にもクモがいるんですよ。
それもPCまわりに・・・。つかまえようとすると飛ぶ!なので、つかまえられずに、ある日はビヨーンとたれてきて、ある日は妙なところをはっていて、完全に遊ばれています。
シャーロット、映画化なんですね!再読しようと思っています。

フラニーさん

フラニーさんも、クモを飼っていらっしゃるのですね(ちがうって)。
今年は、クモが家の中に来なくて、ちょっと残念です。

シャーロットの映画化されるのですか。うわあ、うれしいなあ。ぜひ、観にいきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クモの巣の展覧会:

« 1日2回 | トップページ | Gold Rush! »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ