最近のトラックバック

« 雨の日、お昼休みのおはなし会 | トップページ | 一年生はかわいい!! »

脇明子さん

県立図書館の幼児読書講演会で「読むことはなぜ必要か」という演題で、『読む力は生きる力』(岩波書店)、『魔法ファンタジーの世界』(岩波新書)の脇明子さんが、講演してくださった。

もっとも強調されていたのは、子どもたちへのメディアの影響の大きさだ。しかし、大人もメディア漬けの世の中でメディア問題は無視されがちだという。メディアの害は直接的なもののほかに、メディアに時間をとられて、コミュニケーションがかけるなどの間接的な害もある。
我が家ではテレビやゲームに気をつけてきたつもりだけれど、こうしてネットで楽しんでいる私自身メディア依存していると気づかされた。とくに最近は、夕食後わたしがパソコンに向かっている間、息子がテレビを見続けているなんてこともある。夕食後から息子が寝るまではできる限りパソコンに向かうのはやめようと、ひそかに決心する。
しかし、子どもはメディアにある程度つうじていないと、仲間に入れないという現状もある。むやみにメディアをダメというのは避けて、ゆるやかに、ほどほどに、そのさじ加減を慎重にしなくてはと思う。

もうひとつ、力説されていたのは、実体験の少ない今の子どもたちにとって、物語で感情体験をすることが、思春期を乗り切る力、生きる力になるということと、すぐれた児童文学は楽天的な世界観が信じられるように書かれており、、主人公が不快感情を克服していく児童文学は楽天的な世界観を子どもたちに与えてくれる(児童文学を読むと、元気になれるのは、きっとそのためだろう)ということ。
ただ本を読めばいいというのではなく、質が問題なのだ。

息子は本をよく読むようになってきたけれど、質はというと疑問だ。展開が速くて筋を追うだけのもの、刺激的なものに向かっていないかと心配になる。5年生になってからは、読み聞かせもいやそうな気配を見せたのでやめていたが、もう一度再開してみようか。これが最後の機会だと思う。

絵本の選び方も教えてくださった。絵で選ぶのではなく、物語の力のあるものを選ぶといいという。本当に良い絵本は、物語に力のあり、絵がサポートしている。物語に力があれば、何度も読んでいるうちに絵がだんだん好きになってくるという。
わたしは、ただ好きだから、子どもが楽しめそうだからと安易に選んでいたのではないかと反省する。
また、読書推進のために絵本の読み聞かせが奨励され盛んになり、子どもたちが絵本に首をしめられているという言葉があり、どきっとした。

帰り道、ボランティアおばさんのわたしにいま何ができるだろうかと考えた。
まずは質のいい絵本選び、読み物紹介のための勉強といったところか。

脇さんのきょうの推薦書のうち、これからぜったい読みたい本

『いま、子どもたちがあぶない!』斎藤惇夫ほか著 古今社
『脳内汚染』岡田尊司著 文藝春秋
『いまどき中学生白書』魚住絹代著 講談社

読み聞かせのために作った宮沢賢治の本 小野かおる画 古今社
『狼森と笊森、盗森』
『セロ弾きのゴーシュ』
『なめとこ山の熊』

« 雨の日、お昼休みのおはなし会 | トップページ | 一年生はかわいい!! »

講演会」カテゴリの記事

コメント

わたしも、脇明子さんの『読む力は生きる力』の出版にあたっての講演会を聴きに行ったことがあって、そらこさんの記事を読みながら、今、その内容を思い出したところです。とても整然とお話してくださって、納得して帰ってきたのでした。
わたしは今日、たまたま、ゲドの訳者の清水さんのお話を聴いて、とても感銘を受けてしまいました!清水さんのような素敵な大人を目指したいと、密かにファンになってしまいましたよ。本を読むことについても、深い示唆をいただきました。またわたしも、書いてみようと思っています!

脇さんのお話は本当にわかりやすく、それでいて心から納得するものですよね。メディアの害、安易な読み聞かせのおばさんの害は斉藤敦夫さんも言っておられました。私たちは心しておかなくてはなりませんよね。
よいお話が聞けてよかったですね。

フラニーさん

脇さんのおはなしは、ほとんど脱線がなく、きちんと話してくださるところが好きです。

清水さんも素敵な方ですね。フラニーさんのところで、講演の内容を読ませていただきました。わたしも聞きたかったです。


マーガレットさん

○安易な読み聞かせのおばさんの害
これまた、ぎくりです。

最近、忙しさにかまけて本選びがいい加減になっているので、気持ちを引き締めていきたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脇明子さん:

« 雨の日、お昼休みのおはなし会 | トップページ | 一年生はかわいい!! »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ