« 盆明け | トップページ | 雨の日、お昼休みのおはなし会 »

2006年9月 8日 (金)

手づくり絵本大賞

ずっと、Blogが更新できなかったのは、手づくり絵本大賞にかかりっきりだったからです。

我が市では、毎年1回、手づくり絵本のコンクールがあります。子どもたちが、学校の夏休みの宿題として取り組めるように、提出締め切りは9月初旬。今年は、今日が最終締め切りでした。

わたしは、5年前から参加しています。賞がいただける作品は、とてもとてもできませんが、好きなように創作していくのが、とても楽しいのです。

毎年、暑い上に、子どもがどたばたして、思考回路がストップする夏休みを創作時間にあててきました。絵本にとりかかると、没頭して、まわりの騒音が気にならなくなるから不思議です。
でも、でも、でも、今年は、会長をしているおはなし会グループや地区長の仕事、さらにスポ少に入った息子の試合観戦と、ほとんど毎日のように外出しなければならず、絵本にとりかかるのが、なんと8月の最終週になってしまいました。9月に入ってからは、さらに家にいられる時間は少なく、あきらめかけたのですが、細切れの時間をつないで、なんとか進めました。出来上がった原画を1枚、何を血迷ったか、ためしがきの絵とまちがって切ってしまうなんて、ハプニングも一度ありましたが、なんとか昨日、ほぼ全ページを仕上げました。

ここまでやったら、もう提出しないではいられません。今日は、ストリーテリングの勉強会をお休みして、朝から製本。お昼近くになって、表紙絵を書く場所を間違えていることに気がつき、文房具屋まで表紙の紙を買いに走りました。そうして、ようやく、2時に涙の完成となりました。
と、晴れていたのに、突然の豪雨がやってきて、雨で5時までにもっていけなかったらどうしようと心配しましたが、雨は30分ほどで上がり、3時半、無事提出しました。まだ、のりが乾いていないけれど、まあ仕方ありません。

例年なら、オットと子どもに見せて大いに自慢するのですが、今回はそれができなかったのが残念です。この2週間、ものすごく忙しくて、いろいろと悩めることもあったのですが、、創作しているあいだは、悩みやストレスなんかすっかり忘れてしまえて、気持ちが穏やかだったように思います。そして、出来上がったときの満足感と喜びのなんと大きかったことか。
提出したあと、大切な宝物をなくしたような寂しさをふと感じました。そして、帰路の眠かったこと。気が抜けてしまいました。

さて、このコンクールには、息子も夏休みの一作品として提出しています。図工の苦手で、絵を描くのは面倒くさいはずの息子ですが、なぜか、参加したがり、もうこれで3回目の参加です。親子そろって下手の横好きというわけです。

« 盆明け | トップページ | 雨の日、お昼休みのおはなし会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

すごいなー、きっと素敵な絵本なのでしょうね。
毎年続けていると、もう終わりってできないですよね。期限内に出せてよかったよかった!

お疲れ様でした!
見てみたいなあ。そらこさんの作品。
私も、物語を書くのが大好きで、何年も前から、コツコツ書き溜めているんですよ!
気が向いたときに、賞に挑戦してみるんですが(もちろん、賞には、とても手が届かないんですけどね)締切日までに、校正して、まとめるまでの作業の楽しいこと!いいですよね~。
私の場合、絵が描けないので、自分だけの本にすることも出来ず、ちょっと残念です。今度は、絵にも挑戦してみようかなあ。

わー、今年も出されたのですね。
前お会いしたときに、この絵本のコンクールのお話を聞いて、そらこさんの作品みたいよね~と話していたのが、1年?2年前? 
お弁当の話だったと記憶しています。

今年のお話も機会ありましたら、少ーしお話伺いたいです。こちらで紹介しませんかー?、なんて。
息子さんのお話も読んでみたいです。

ぎねびあさん、こももさん、shoko さん

絵本といっても、本当に素人っぽいものなので(提出したとき、お子さんのですか?といわれた年もあります)お恥ずかしいのですが、作品の展示会が終わって作品が帰ってきてから、こちらでちょっぴり紹介させていただこうかな、なんて、すっかりその気になっています。

今年のテーマは「しっぽ」でした。

息子のも私のも、アイデアはいい(と自分は思う)のだけれど、絵が……です。
昨年の私の作品には、2人くらいの評者から「絵をていねいに」というコメントがついていました。

テーマが、お弁当のときの作品は、いちばんいい出来だったように思います。こちせも、いつか紹介させていただくかもしれません。

童話や児童文学の創作、わたしもしたいなあと思うのですが、なかなか出来ません。でも、書いてみたいなあ。

そらこさん、お久しぶりです。こちらではお目にかからない間に、絵本作りに取り組んでおられたとは!わたしもみなさんと同じく、こちらで紹介されるのを楽しみにしていますよ~。娘がおはなしを作っているのを楽しみにしていたけれど、自分が挑戦してみるという手もありますね!

フラニーさん

娘さん(上の?)のおはなしをつくっていらっしゃるのですね。いいなあ。
息子も、ときどき、おはなしを作りかけるのですが、いつも、出足のところで止まっています。

創作、手作業は楽しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手づくり絵本大賞:

« 盆明け | トップページ | 雨の日、お昼休みのおはなし会 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

NetGalley 本の応援団

  • グッドレビュアー
  • プロフェッショナルな読者