« キッカーズ | トップページ | 手づくり絵本大賞 »

2006年8月19日 (土)

盆明け

暑さのせいか、一年間、だましだまし使っていたパソコンがとうとうダウン。タイミングよく、近所のパソコンやさんが引越しのために売り尽くしセール、そして夫は盆休み。思い切ってあたらしいのを購入した。その日のうちに、家族で、私の実家へ帰省したので、ばそこちゃんは、段ボール箱から出されることもなく居間においてきぼりに。
家にもどってきてさっそく設置。設定したり、新しい機能にほおっと感心したりするうち、はや3日。盆も終わり、そろそろ日常に戻らなくては。といっても、今夜は息子のサッカチームで、グランパスVSジュビロ戦を観戦、明日は午前にサッカーの試合、午後はシェークスピアの「リチャード三世」の観劇と落ち着かないのだが……。

今朝は、積読になっていた図書館の絵本を、ようやくゆっくり観る余裕ができる。

そこでおもしろさを再発見したのが

 『しってるねん』 いちかわけいこ文 長谷川義史絵 アリス館

大阪弁の男の子が、商店街で、おばさんに「こんにちは」と声をかけられて、「しっているねん」けど、誰か思い出せない。くすりやのおばさんかな? いやちがう、そのとなりの花やのおばさんかな? と考えていく。そうして、読者に商店街のいろいろなお店を紹介てくれる絵本だ。
背景の看板や広告、品書きなどにおもしろい言葉が書いてあるのは、前に見たときにしっていたが(とくに薬屋の天井からたれた広告は、作者がわたしと同年代であることを物語っている)、今回気づいたのは、違うページで、複数回登場す人たち。へえーと思って、人探しをした。そして、裏表紙のあそびに気がつき、大笑い。また絵本をはじめから終わりまで眺めることに。
この本、まだまだ、遊びが隠されていそうだ。

« キッカーズ | トップページ | 手づくり絵本大賞 »

絵本+つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盆明け:

« キッカーズ | トップページ | 手づくり絵本大賞 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。