最近のトラックバック

« 年中さんのおはなし会 | トップページ | おはなしかい二つ »

魔法の赤ちゃん絵本

おとといはブックサポーター。
ブックサポーターは図書館のボランティアで、保健センターの乳児4か月検診時に、赤ちゃん絵本の紹介、貸し出しをする。

赤ちゃんはまだ4か月なので、たいていの子は、絵本より、絵本を読んでいるものの顔を見たりする。でも、ほとんどの子がじーっと絵を見つめる魔法の本がある。
『ごふごぶ ごぼごぼ』(駒方克己さく 福音館書店) だ。

はじめ、わたしは、この絵本の「ぷーん」「ぷく ぷく ぷく ぷくん」といった言葉の響きに、赤ちゃんが反応するとばかり思っていた。もちろん、それもあるだろうが、おとといは、くる子くる子が、絵本を開く前に、じっと表紙を見て、ページをひらくと、まるでなめるように絵を追うのに気づいた。

はっきりした配色が赤ちゃんの目をひくのだろうか。使われている色は、黄、紺、赤、白、水色だが、黄色はやまぶき色、赤は朱色に近く、けばけばしくなくてやわらかい
この5色のいろいろな大きさの円と円の変形が並ぶ。美しい配色のせいだろうか、洗練されたデザインのせいだろうか、大人もなぜかひきつけらる。感性に気持ちいい本というのだろうか。ふしぎな絵本だ。

« 年中さんのおはなし会 | トップページ | おはなしかい二つ »

ブックサポーター」カテゴリの記事

コメント

そらこさんのボランティア活動、とても広範囲ですね。すごいです!うちの下の2歳になる子も、日々絵本との関わりが出てきておもしろいのですけど、この「ごぶごぶ ごぼごぼ」は読む機会がなかったなぁ。今度借りてきてみます。
楽しい反応がありそうな予感がします。

フラニーさん

「ごぶごぶ ごぼごぼ」2歳くらいの子だと、穴に手をいれてあそぶこともできますよ。
楽しんでください。

月に一度 『おひざの上のおはなし会』を始めたので、早速この絵本を実験してみようと思います。
確かにブックスタートなどで絵本を読んでも、私たちの顔を見ている赤ちゃんって多いですよね。それが・・・・。是非、読んでみます。

マーガレットさん

『おひざの上のおはなし会』
すてきな名前ですね。

少し大きな子にも、いわゆる読み聞かせでない形で読みたいなとよく思います。
おひざの上は無理でも、せめて、家庭でするみたいに、よこ並びで。
そうやって読むのは、家族におまかせしたほうがいいですね。

さっそく買い求めてみました。図書館ではいつも貸し出し中で・・・。
おもしろいことに、どの●が穴のあいた●なのか、いちいち手を入れて確認しながら聞いています。
言葉の響きにも反応して、なんとなくあわせて一緒に言ってみてはにこにこ。何度も持ってきますよ。ご紹介、ありがとうございますー!

フラニーさん

子どもさんに気にいっていただけたみたいで、よかったです。
図書館でいつも借りられているということは、それだけ人気の絵本なのですね。

絵本がぼろぼろになるまで、楽しんでください。

そらこさん
私も読みました。すごい!じーっと見ていましたよ。確かに、音だけでもなく、絵だけでもなく、両方から赤ちゃんをひきつけているみたいですね。来月もまた読んでみようと思っています。
ご紹介ありがとう。

マーガレットさん

やっぱり、魔法の絵本ですね。
ほんとうに不思議です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法の赤ちゃん絵本:

» おひざの上のおはなし会 [こひつじ文庫]
今日も雨になってしまいました。そうちゃんの親子一組でした。 そうちゃんは今日も元気でした。2〜3日前から歩き出したそう。今日もはいはいの合間に1〜2歩歩いたり、立ち上がったりしていました。 ①はじめましてのごあいさつ ②ペープサート まんまるちゃん ...... [続きを読む]

« 年中さんのおはなし会 | トップページ | おはなしかい二つ »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
無料ブログはココログ