« ごめんなさい | トップページ | 読み聞かせわくわくハンドブック »

2006年5月 6日 (土)

ハンダのびっくりプレゼント

ゴールデンウィークがおしまいに近づいた土曜日、地元図書館でのおはなし会

プログラムは

 わらべうた たんぽぽ わたしの担当
 絵本 ハンダのびっくりプレゼント 光村教育図書 わたしの担当
 絵本 おかあさん 童話屋
 絵本 ててててて 偕成社
 絵本 仔牛の春 リプロポート東京
 紙芝居 ぴょんぴょんぼたもち 教育画劇 わたしの担当

 短いお話が多かったので、たくさん読みすぎてしまったかな。

 きょうのいちばんのおすすめは
『ハンダのびっくりプレセント』
 アイリーン・プラウン作
 福本友美子
 光村教育図書

 アフリカのサバンナのが舞台。ケニアのルオ族の子どもたちがモデルだそうです。
 表紙は、色とりどりの果物のはいった籠を、頭にのせた女の子の横顔。ぷっくりした唇とくるくるっとした黒い瞳がチャーミング。背景には抜けるように青い空と金色にかがやく草原。草原から、首長の動物がひょうきんな顔をのぞかせています。なにやら楽しそうな雰囲気にわくわくして表紙をめくると、見返しに、バナナ、グアバ、オレンジ、マンゴー……おいしそうな果物が並んでいます。

 さて、物語は――。
ハンダは、頭にのせた籠に7種類のくだものをいれて、友だちのところへ向かいます。ところが、とちゅうで、様々な動物が顔を出し、ひとつづす果物を持っていってしまいます。ハンダは友だちに果物を届けられるでしょうか?

 文と絵がちがうことを語り、ページをめくるのが楽しい、絵本の特性を十二分に生かした絵本です。ドラマチックなラストの展開、鮮やかな色つがいで生き生きと描かれた絵。見返りから、裏表紙まで、見どころいっぱいです。

 子どもたちは、吸い込まれるように絵を見入っていました。どんどん果物が減っていくのをはらはらしている様子で、終わりのほうではページをめくると、はっと息をのむ声がきこえるほどでした。そして、すばらしいラストがあり、緊張がとけ、子どもたちはほっとしたのでしょう。後の見返しには、登場した動物の絵が並んでいるのですが、その動物の名前を、わたしといっしょにいってくれました。

 この絵本は子どもたちをひきつけるとは思ったのですが、これほどまで真剣に見て聞くというのが意外でした。わたし自身は、果物がなくなっていく前半もおもしろいお話として読んだのですが、ハンダの身になって聞く子どもたちには、友だちにあげるはずの果物がひとつずつなくなっていくなんて、悲劇なのですね。

« ごめんなさい | トップページ | 読み聞かせわくわくハンドブック »

絵本」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。このおはなしが気に入ってブログの記事を書いたのですが、あまりに楽しいお話の展開に、他にどんな方が書いているのかと検索して・・・こちらにたどり着きました。
地元のおはなし会で、さっそく読まれたのですね!
これは、おはなし会で読んでも楽しいだろうと、わたしも最初に思いました。
わたしも地元図書館で、仲間とおはなし会をしているので、今度ぜひ、読んでみようと思っています!
TBさせていただきましたので、よろしくお願いします。
左の欄の「終わらない夜」も、美しくてぞくぞくして好きな絵本です。
絵本大好きですので、またゆっくりおじゃましますね。

フラニーさん、初めまして。

ようこそ~。

『ハンダのびっくりプレゼント』わたしも大好きです。
ストーリーもいいけれど、絵も素敵です。表紙をひとめ見ただけで、これだと思いました。

たくさんの子どもたちに読みたいと思っています。

フラニーさんのプログも拝見させていただきました。これからもちょくちょくのぞかせてください。また、わたしからもTBさせてくださいね。


さっそく、TBありがとうございました。

そういえば、やぎが突進してくるページがありますが、
おはなし会ではどのように読まれましたか?
たっぷり間をとって無音でしょうか。
もし何か気づいたことがあったら、教えていただきたいです!

やぎが突進するページは、こまわりを指でさして、たっぷり時間をとりました。
指差しはあまりしたくないのだけれど、お話会の時はそうしないと、わかりにくいですね。

また読む機会があるので、子どもたちの反応を見てみますね。
フラニーさんも、読まれたときのこと、お教えくださいね。

そらこさん、いつもお忙しそうですね。

この本、私も読みました。TBがなぜかできませんでした。今日もトライしてみたんですが、できず……。なぜでしょう?

この絵本、うちの子はすきそうです。

shoko さん

トラックバツク、どうしてなんでしょう。コメントがつけにくいときもあるようです。

『ハンダのびっくりプレゼント』
子どもたちは、どきどきしてみるのでしょうね。
私のほうからTBさせてくださいね。

トラックバックありがとうございます。3度目の正直で無事こちらからもすることができました。
やり方は同じなんですけどね。不思議です。

shoko さん

TBありがとうございます。
ココログ、気まぐれですね。


はじめまして^^フラニーさんのところでTB拝見してまいりました。
ブログ「えほんのまいにち」の新歌と申します。

こちらの絵本、先日知って一目ぼれし
その後購入しちゃいました♪本当に絵もお話もいい!と思えました。
おはなし会でも、どんどん使っていきたいと思っています^^

素敵な絵本を沢山紹介されていて、勉強になります。
これからもお邪魔させてください。お時間ありましたら私の方へも遊びにいらして下さいね^^
TBさせて頂きます。どうぞよろしくお願いいたします。

新歌さん、いらっしゃいませ。

『ハンダのびっくりプレゼント』
はらはらどきどきの楽しい絵本ですよね。

読み聞かせしたあと、子どもたちひとりひとりにじっくり見せてあげたい絵本だと思います。

新歌さんのブログも、ときどきのぞかせてくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハンダのびっくりプレゼント:

» 『ハンダのびっくりプレゼント』 [みどりの船]
  アイリーン・ブラウン・作  福本友美子・訳     光村教育図書 この絵本、まだこの4月に出たばかりの新刊絵本なのですが・・・ わたしの中で大ヒット中。 アフリカ・ケニアのルオ族の子どもたちをモデルにした 絵本らしいのですが、表紙には、大きなすてきなカゴの中に たくさんの果物をのせた、女の子がひとり・・・。 ぼってりした唇と、ぱっちりした目と、一度してみたいけど きっとできない髪... [続きを読む]

» ハンダのびっくりプレゼント [POCO A POCO]
 ハンダはおいしそうな果物を7つかごにのせました。友だちのアケヨにあげるのです。アケヨはびっくりするかな。どの果物が一番好きかな? 頭にかごと果物をのせたハンダはアケヨのところへ向かいます。するとそこへ動物たちがやってきて……。  アケヨの喜ぶ顔がみた...... [続きを読む]

« ごめんなさい | トップページ | 読み聞かせわくわくハンドブック »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。