« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 錬金術 »

2006年1月 7日 (土)

今年はじめてのおはなし会

今年、はじめてのおはなし会は地元図書館で。

 朝から雪がふり、うっすらとつもっていたが、日中、陽がさしてくる。昨日の朝も寒くて、しもばしらがたくさん出来ていたので『しもばしら』(かがくのとも 2002年12月号)を読む予定でいたが、この天気ならと『はじめてのゆき』を読んだ。

 とらのことらたが、雪の日に外へ出る。「どこもかも まっしろ」で「ぼくのすなばがない」。とらたは足が雪のなかにはいるを見て、運動靴をながぐつをはく。雪の上にすわろうとしたら、ふわふわでおしりが雪にうまってしまう。そこで、家に帰ってストーブでおしりをあたため、セーターをきてまた外へ。雪をいっぱい持ったら、つめたーいから、また、家に帰ってストーブで手ををあたためて、てぶくろをはめて……。

 とらたがはじめての雪を五感で感じている様子が、とてもうまく表現されている。後半では、雪がお日様にてらされてとけていく様子が、子どもたちの生活にあわせて、これまたうまく描かれている。
 こうした絵本は、実体験があるといっそう楽しめるもの。この冬は雪がよくふって、子どもたちはじゅうぶん雪遊びをしてきているから、描かれていることが自分のこととしてとらえられるのだろう。おはなし会でもとても反応がよい。雪のうえにすわろうとして雪にうもれるところから、もうみんなで大笑いとなって、読んでいてわたしはびっくりした。冷たい雪にさわって、ストーブであたたまってという繰り返しも、子どもたちは経験があるのだろう。うれしそうに聞いている。
 また、雪景色に背景の白をいかした、シンプルな色使いの絵もあたたかみがあっていい。表紙では背景が灰色がかった水色なのに、裏表紙では晴れ晴れしい水色一色になっているのもしゃれている。

さて、きょうのプログラムは下記でした。

 詩 こころ こいぬけんきち 『のはらうた1』より 工藤直子/作 童話屋
 絵本 はじめてのゆき 中川李枝子/作 中川宋弥/絵 福音館書店
 紙芝居 クマさんのふゆごもり 佐藤義美/原案 稗田宰子/脚色 椎野利一/画 教 育画劇
 絵本 オレ・ダレ 越野民雄/文 高畑純/絵 講談社
 

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 錬金術 »

コメント

明けましておめでとうございます!

とらたくん、大好きです。
でも、このお話は知りませんでした!
「とらたとおおゆき」「とらたとまるた」だけかと思っていました。
他にもありますか?
とらたくんの絵本は(2冊しか知りませんが)
少ないけれど、選びに選らんだぞ!という言葉たちが、ぽん!ぽん!と心にとびこんでくるようで・・・本当に好き!

新年早々、小さな宝物を見つけたような気持ちです。
うれしい!

今年も、たくさん本を教えて下さい!
よろしくお願いします。

こももさん

あけましておめでとうございます。

とらたくん、わたしは、この『はじめてのゆき』しか読んでいないのです。こももさんが紹介してくださった『とらたとおおゆき』『とらたとまるた』は、市の図書館にあるので、今度見て見たいです。

調べると『とらたとトラック』というのもあるようですが、うちの市の図書館にはおいてないみたい。

今年もたくさんの本に出会えそうです。
こちらこそ、よろしくお願いします。

こちらこそ、よろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年はじめてのおはなし会:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 錬金術 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。