« ローラ*ローズ | トップページ | 昔ばなし大学 »

2005年11月 4日 (金)

みどりの谷のネズミしょうぼうたい

 スウェーデンの絵本。

みどりの谷のネズミしょうぼうたい
 ウルフ・ニルソン作 エヴァ・エリクソン絵 ひしき あきらこ訳

  ネズミの町にしょうぼうしょがあった。隊長は火のみやぐらから町を眺めて、こまっている動物がいればすぐに、消防車と救急車で隊員がかけつけて助けた。道の迷ったモグラの親子も、巣からおちたヒナも、おなかをすかせたのネズミも、さびしがりやのかえるも……。
 ところが、ネズミ博士とその仲間たちは、それをこころよく思っておらず……。

  困った動物たちを、わけへだてなく助ける消防隊――ああ、いいなあと思う。
「いじわるなネズミにも親切にすれば、しんせつとはなにかわかってくれるだろう」という隊長の信念があたたかくて素敵。その信念は、人(ネズミ?)への信頼があってのこと。けれど、それは甘すぎる、弱いもの、自分たちの邪魔になるものは切り捨ててしまえと考える向きも、もちろんいるわけで、ネズミ博士がその代表として登場する。
 隊長も、博士の考え方に動揺し(なんていったって、博士だから頭がいいから)、どん底まで落ちて、読んでいるほうも悲しい気持ちになってくる。でも、ラストにはにっこり。たがいに助け合うことの大切さ、あたたかさが、感動とともにしっかり伝わってくる。
 頭より心で生きる隊長と隊員たちに拍手。

« ローラ*ローズ | トップページ | 昔ばなし大学 »

絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みどりの谷のネズミしょうぼうたい:

« ローラ*ローズ | トップページ | 昔ばなし大学 »

Amazonアソシエイト

  • 野はら花文庫は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
  • Amazon、Amazon.co.jpおよびAmazon.co.jpロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。